読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Teploobmen’s diary

興味のあること、調べたことなど、雑多にまとめていきます。調べている内容の途中経過を書くこともあります。

イギリスから本を輸入したら箱に凄い仕掛けがあった話

社会 読書

ことのあらまし

 学校の卒業が決まり、来年から働き始めるにあたって資産運用の検討をしている。一般にはインデックスETF投資信託等を用いた積立投資が推奨されているが、方々で指摘されている通りこの手法はー特に日本株へ投資するに際してはーデメリットも多い。そこで、絶対リターンを志向した、ヘッジファンドのような運用を目指したいと考えている。

 そこで、ジョージ・ソロスなどが用いるグローバル・マクロを中心に、ロング・ショート、FXなどの勉強をしている。

 しかし、FXを除いてこれらの運用手法、特にグローバル・マクロについては日本での勉強は難しいという実態がある。そこで、Amazonを通してBook Depository社からこの本を輸入した。

 

Global Macro Trading: Profiting in a New World Economy (Bloomberg Financial)

Global Macro Trading: Profiting in a New World Economy (Bloomberg Financial)

 

  

素晴らしい包装

 そして届いたのがこちら。一見ただの小包だが・・・

f:id:Teploobmen:20170218223858p:plain

 小包を開けていこう。裏面のミシン目を切って小包を開けると・・・

f:id:Teploobmen:20170218231806j:plain

おっと・・・?

 

f:id:Teploobmen:20170218231858j:plain

 あれ・・・? 

f:id:Teploobmen:20170218232016p:plain

   ・・・無い・・・

f:id:Teploobmen:20170218233619p:plain

 緩衝材が無い・・・!!手間が省ける!!!しかもこのままリサイクルに出せる!!

(参考:Amazonの本の梱包)

sg11.exblog.jp

(参考:ゆうパックなんかにあるクッション封筒)

www.fuutouya.com

 箱を見たら"Recyclable Packaging(リサイクル可能包装)"と書かれていた。イカすぜBook Depository!!

f:id:Teploobmen:20170218233932p:plain

 だが待ってほしい、本が中でガタガタと動いてしまったらクレームが来るのでは・・・?そこで、もう一度詰めなおして中で本が動かないか試してみた。

  

f:id:Teploobmen:20170218234225p:plain

 動かない・・・

f:id:Teploobmen:20170218234446p:plain

 全く動かない・・・!!!

 どうもしっかり閉めたことによって静摩擦力が働いているようだ。流石に90°傾けたら動いてしまったが、搬送中に何度もそんな状態になるとは考えづらい。つまり、この箱に梱包することで、ビニール等を使わなくとも移動中に本が擦れることは防止できる。

もう一つの凄さ

 すごいのはそれだけじゃない。もう一度箱を見てほしい。

f:id:Teploobmen:20170218232016p:plain

 全体的に本の大きさに比べて箱が大きいことに気が付かないだろうか?

 そう。この箱は本のサイズが違っても使えるのだ。

 試しに手近にあった本を再梱包してみた。

 まずは大体同じくらいのサイズで少し薄めのこの本。

  ぴったり収まるくらいのサイズ感

f:id:Teploobmen:20170218235928p:plain

こうして包んで・・・

f:id:Teploobmen:20170219000144p:plain

f:id:Teploobmen:20170219000234p:plain

まあ普通に入るな。

お次は新書サイズのこの本。まあイギリスだけにね。

 

f:id:Teploobmen:20170218235820p:plain

中で動いて擦れてしまいそうだが・・?

折りたたんで・・・

f:id:Teploobmen:20170218235715p:plain

梱包して傾けてみると・・・

f:id:Teploobmen:20170219000807p:plain

あ・・・動かない!!!このサイズでも!

じゃあラストはめちゃくちゃ厚さがあって枕にちょうどいいと家で評判のあるこの本。

証券分析 【1934年版第1版】 (ウィザードブックシリーズ 44)

証券分析 【1934年版第1版】 (ウィザードブックシリーズ 44)

 

  頁数は圧巻の955!ここに広告欄、カバーの厚さなどが加わると厚さは大体これくらいになる。

f:id:Teploobmen:20170219001413p:plain

  果たして入るのだろうか?

f:id:Teploobmen:20170219001600p:plain

 上下を折りたたんでいく。こちらはクリアー。

f:id:Teploobmen:20170219001719p:plain

 包んでいくと・・・

f:id:Teploobmen:20170219001848p:plain

ミシン目の位置は糊付けで後から変えられるのでギリギリ大丈夫だ!あと100頁くらいあっても裏面で留められそうだ。側面で留めればもう500頁くらいなら余裕で入るだろう。 

 色々試したが、縦横の大きさはB5版(182 mm×257 mm)以下なら入れることができるようだ。㈱第一印刷によれば、これより大きいサイズの本は専門書や画集以外の本のようだ(イギリスではまた違うかもしれないが)。しかも厚さが1000頁以上ある本も専門書くらいだろう。つまり、市中の殆どの本にこの梱包を適用できる。

まとめ

 つまり、このイギリスから送られてきた梱包は、

 1.梱包材、耐衝撃材を使わなくても本をある程度固定できる。

 2.市中の殆どの本に使える

という特徴を持っている。しかも梱包材が無いおかげでポストから取り出した後、箱を開ければきれいな本が取り出せ、そのまま箱を紙ゴミとしてリサイクルできる。非常に優れた梱包だ。

 Amazonから送られてきた本のように、ビニールを剥がす工程がいらないと言うのは非常にありがたい。正直「O・MO・TE・NA・SHI」だの何だの言って紙でグルグル何重にも包装されているより、よっぽど嬉しい。しかも紙も袋も包装工程も廃棄工程も節約できる。普段過剰梱包にどれだけ不快にさせられているのかということに改めて気がつかされた。イギリスすごーい!

 この梱包を見て、過剰梱包の問題への対処として、箱の改良も一つの手段として考慮すべきだと気付かされた。外国製品の輸入はこれだからやめられない。次はアメリカから本を仕入れようとしているのでそちらの梱包も気になるが、まずはこの本を読んでいきたい。

トランプ大統領の「日本車叩き」は事実誤認からくるものではないかもしれない

歴史 社会 経済 アメリカ

「的外れ」とされるトランプ大統領の日本車バッシング

 さて、日米首脳会談が行われたことは周知の事実だろう。

 その中で、特に日本の経済界から注目を浴びていた事案として、日本車へのバッシングが挙げられる。トランプ大統領は、1月23日に日本との貿易について名指しで批判を行った。

www.nikkei.com

 この記事を執筆している2017/2/2現在の段階の報道では、日米首脳会談で日本車へのバッシングは行われなかったようだ。

 この日本車バッシング対して、「それはアメリカの企業努力が足りないせい」だとか、「トランプ大統領の対日貿易観は80年代で停まっているのではないか」などといった批判が(少なくとも日本側では)相次いだ。

paradoxin.net

www.asahi.com

 また、80年代の貿易摩擦の結果、日本車の現地生産が増加し、現地での雇用を創出しながらシェアを拡大していったことに触れ、トランプ大統領の指摘を「事実誤認だ」とする批判もよく見られる。

economic.jp

 こういった批判の記事では大抵、「トランプ大統領の思考は理解不能」という文脈でまとめられている。だが、果たしてそうだろうか?

 80年代の文献を振り返ってみる

 私は、前回の記事でイノベーションと政策との関係について調べていく方針を示した。その調査対象として、アメリカの政策も含まれている。

 

teploobmen.hatenablog.com

  この調査を行う上で、絶対に外せない文献がある。競争力評議会の「ヤングレポート」だ。

 これは、所謂「ジャパンバッシング」が行われていた当時のアメリカで、産官学の有識者らによってまとめられた報告書で、アメリカのイノベーション政策の起点ともされている。

 この文献を読んでみたところ、トランプ大統領の指摘が、「データ」などというものでは決して否定できるものでないのではないかと思い至り、この記事を書くことを決心した。

スプートニクショック」と同列視される日本車の台頭

 その記事の序論の一部を翻訳し、引用してみると恐らく我々が思っているよりもはるかに、日本製品の台頭はアメリカ人にとって屈辱的だったということがうかがい知れる。

Those of you who were around some 25 years ago can remember what we felt at that very visible image of a Russian rocket blasting its way into space. That first sputnik wounded our pride, strengthened our resolve, and set off a national effort to be the first on the moon. And, of course, we were. What this country needs today is to have the Japanese launch a Toyota into space. Or perhaps a Sony Walkman.

The Competitive challenge we face today has consequences just as serious as a threat we felt a quarter of a century ago.  

 25年前、皆さんはロシアのロケットが宇宙に向かうというとてつもない画像に抱いた感情を、思い出すことができるかと思います。一番(にロケットの打ち上げに)成功したスプートニクは我々の誇りは傷つけ、我々の決意は強め、一番に月面着陸のための全国的な取り組みをの出発点となりました。そして、当然我々はやり遂げました。今日この国が必要とするのは、日本人にトヨタ-もしくは、ソニーウォークマン-を宇宙へ打ち上げさせることでしょうか。

 今日、私たちが直面しているこの競争力の課題は、半世紀前に私たちが感じた脅威と同じくらい深刻なものです。

 この文中で触れられている「スプートニクショック」とは、当時のソ連がアメリカに先んじて大陸間弾道ミサイル(ICBM)の打ち上げに成功し、アメリカは失敗した、という事件だ。

スプートニクショックとは1957年10月4日、ソビエト連邦による人類初の人工衛星スプートニク1号」の打ち上げ成功によって、アメリカ合衆国や西側諸国に走った衝撃や危機をさします。

スプートニクが打ち上げ成功する前までは、アメリカは自国を「宇宙開発のリーダーであり、それゆえミサイル開発のリーダーでもある」と豪語していました。

xn--jaxa-o29gg17p.com

  つまり、アメリカ人が当時抱いていた「ソ連より我々の方が優っている」という自信を粉砕された事件と同程度に日本製品の台頭はアメリカ人のプライドを傷つけていたということだ。

なぜ「国家の危機」と同程度の衝撃だったのか

 だが、よくよく考えてほしい。確かに、アメリカ人にとって日本製品の台頭は脅威だったかもしれない。事実、ジャパンバッシングが起きたときは、ちょうどアメリカが高インフレ、高失業率に悩まされていた時期だ。。だが、それが「冷戦に負け、アメリカ合衆国が消滅するかもしれない」という危機感・焦燥感と、同程度とはにわかには信じがたい。ヤングレポートで触れられている「プライド」とは、何から生じるものなのだろうか?

1.共通点

 まず、スプートニクショックと日本の台頭によるとの共通点を洗い出してみよう。両者に共通する点は、

1.アメリカが他国に

2.「工業力」あるいは「技術力」で

3.劣っていることを見せつけられたとき

4.アメリカのプライドは傷ついた

といえる。では、なぜ工業力や技術力の劣等感が、国の誇りに傷がつくことへ直結するのだろうか?というか「国の誇り」とは何だろうか?今回はこれを恐らく類義語であろう、「愛国心」と読み替えて考察を進める。

 

2.「愛国心

 さて、この「愛国心」とは何から生まれるのだろうか?

 「愛国心」は祖国に対する愛着である。この愛着は自分の祖国に対しての、民族的、文化的、政治的、あるいは歴史的などの異なった観点によって特徴づけられ、またナショナリズムに近接した概念である

(Wikipediaより)

 このように、愛国心には様々な要素が作用している。最近では、移民の流入による愛国心(「ナショナリズム」とも)の高まりが指摘されている。

 

3.アメリカの歴史

 この「工業力」というものは、実はアメリカの歴史と密接に関係している。アメリカは、大雑把にまとめると以下のように発展してきた。

1.植民地時代

2.農業・工業による発展

3.西側の盟主

4.覇権国

そして、独立以降は工業力、技術力が国の発展に大きく寄与している。

アメリカ合衆国の技術と産業の歴史 - Wikipedia

・農業の発展、産業革命、世界大戦

 産業革命の段階で、アメリカは「標準化」「規格化」「互換性」などの概念が創出された。また、無線通信、電話、電球などの発明があったのもこのころだ。これらの要素は世界大戦においても発揮されることになる。

 

・西側の盟主として

 西側の盟主となったアメリカは、核開発、宇宙開発など、諸分野で世界を圧倒し続けた。(スプートニクショック、日米貿易摩擦などの事件もあったが)

 

・覇権国として

 ソ連崩壊以降、アメリカは覇権国としてやはり技術力、工業力ともに世界を圧倒する存在となった。具体的な例としてはハイテク産業が挙げられる。

 

 非常に大雑把にまとめたが、アメリカの発展に工業力や技術力が非常に重用な要素であったことは理解いただけるだろう。これらの「優越感」がアメリカ人の愛国心の一部になっていたのではないだろうか?そうであるとすれば日本の台頭が、スプートニクショックと同列視されたことにもある程度納得がいく。

 

4.アメリカ人にとっての自動車

 さらに理解を深めるため、ヤングレポートから、今に至るまで争点となっている自動車について見てみよう。

 よく、アメリカ人にとって、

 現代の大衆車の多くを占めるガソリン自動車を最初に発明したのはドイツ人のゴットリープ・ダイムラーやカール・ベンツであるとされるが、いずれも価格が高く、庶民に手の届く代物ではなかった。

 そこで、アメリカ人のフォードは、T型フォードを発明し、ガソリン自動車を大衆のものとした。これに端を発し、現代の資本主義の象徴である、大量生産・大量消費の経済(フォーディズム)が出来上がった。

f:id:Teploobmen:20170213225802p:plain

 フォード・モデルT Wikipedia パブリックドメイン

 つまり、大量生産・大量消費の経済システムは、アメリカの覇権を裏付けた、資本主義の根幹部分である。そして、自動車はその象徴だということだ。

 

 

5.小括

 つまり、アメリカ人にとって、自動車とはアメリカの豊かさの象徴であると同時に、資本主義(アメリカの基本的理念)の象徴であるのではないかと考えられる。

 自分たちが優れていると優越感を抱いていた工業分野で、ましてや、自分たちのアイデンティティの一部である資本主義を象徴する自動車分野で、日本に負けたという敗北感は、想像に難くない。

 

 その後、日本企業は自動車の現地生産を余儀なくされた。確かに対日貿易赤字は減った。だが、アメリカにおいて、いまだに日本車は・・・特にトヨタが健闘している・・・

www.pepsinogen.blog

 どのように捉えられるだろうか?

 

結論

 つまり、トランプ大統領が日本車批判を行った理由は「日本でアメリカ車が売れていない」ことでも「日本車がアメリカ人の雇用を奪っている」ことでも、「日本への貿易赤字が原因」でもなく、むしろ「アメリカの象徴(特に自動車自動車)がアメリカのものではないこと」なのではないだろうか。そう考えると、トランプ大統領の掲げる"Make America great again"というスローガンとも一致するのではないだろうか。

 

 もちろん、これは私の推論に過ぎないし、やや論理的には無理があることや、検討していない要素があろうこと、書いているうちにやや迷走しかけてしまったことは百も承知だ。それに「じゃあ日本車を売るのをやめます!」なんてできるわけがないし、だからどうなるというものでもない。だが、相手国の動向を探る上で、こういった心理的な分析もまた非常に重用である。一つの考え方として参考にしていただけたらと思う。

 

 また、自動車についてまとめているうちに「フォーディズム」という経済観念に振れた。トランプ現象が起きた原因にフォーディズムと近年続いた環境問題への取り組み(いうなれば、反フォーディズム)とも何か関係があるかもしれない。

 

(収拾がつかなくなってきたが、一応まとまったので公開しておく。大幅な内容の修正を行うかもしれない)

「イノベーション」と政策

社会 経済 歴史 イノベーション

(注意)本稿はこれから調べていきたいと考えている内容をある程度網羅的に記述した中間的なものです。精査しきれて内容や、誤った内容が投稿されている可能性があります。

 

最近「イノベーション」という単語をニュースよく耳にしないだろうか?

イノベーションの具体的な例としてよく取りあげられるのは故スティーブ・ジョブズ氏が率いるApple社だろう。

 

ネットだと所謂「意識高い系」の用いるワードとして取り上げられるようだ。

意識高い(いしきたかいけい)とは、リスクに対してアグレッシブ[1]にチャレンジし、クリアなビジョンを持って社会にイノベーションを起こしていこう[2]とアクションする若者たちのこと。 

 

意識高い系 - アンサイクロペディア

また、日本では「技術革新」という言葉が「Innovation」の邦訳として割り当てられている。

www.meti.go.jp

と、このように日本では割と不遇な「イノベーション」だが、近年はこの「イノベーション」の創出を目玉にした政策が各国で打ち出されており、注目すべき動向である。

しかし、この「イノベーション」という言葉が、一体何を意味するのか、自分も含め十分に理解されないまま、この単語が用いられているように思えた。

そこで、今後「イノベーション」とは何なのか、整理した後、各国の政策の概況をまとめるため、ここで私の有している情報を整理しておきたい。

え?専業主婦がどうとかいう記事はどうしたって?あれは遊びですよ遊び。こっちは大まじめにやっているほう。いいね?

1.イノベーションとは何か?

1.歴史

1.ヨーゼフ・シュンペーターの提唱

 "Innovation"を最初に提唱したのはヨーゼフ・シュンペーターだ。

ヨーゼフ・シュンペーター - Wikipedia

シュンペーターイノベーションを、経済活動の中で生産手段や資源、労働力などをそれまでとは異なる仕方で新結合することと定義した[3]。そしてイノベーションのタイプとして、

  • 新しい財貨すなわち消費者の間でまだ知られていない財貨、あるいは新しい品質の財貨の生産
  • 新しい生産方法の導入
  • 新しい販路の開拓
  • 原料あるいは半製品の新しい供給源の獲得
  • 新しい組織の実現

という5つを挙げている。

イノベーション - Wikipedia

2.広義な「イノベーション

さて、ここまでwikiの切り貼りになってしまったがもう少し続けさせてほしい。シュンペーターの定義の後、さまざまな学者によって「イノベーション」とは何か、議論が続けられてきた。英語版wikiによると現在では以下の定義が網羅的であるとされている。

イノベーションとは、次のいずれかに該当する。

・創作、または経済・社会的領域において採用、同化、開発されること

・製品、サービス、市場の更新と拡大

・新しい製造方法の開発

・新しい経営手法の確立

これは、プロセスと結果いずれにも適用できる。」(筆者意訳)*1

ま、ぶちゃけなんでも「イノベーション」に該当しうる。この定義に従えば、製品の改良も「イノベーション」であるとされる。

 ただ、一つ言うべきは"Innovation"について、いずれの定義にも「新しい組織の実現」「新しい経営手法」などがあり、「技術革新」という翻訳は不適切だといえる。

 この「イノベーションとは何か?」という問いは、今後世界のイノベーション政策を見ていくうえで、重要となりえる。時間をかけて突き詰めていきたい。

 

2.イノベーションと政策

 さて、本題だ。では、各国は「イノベーション」についてどう考えているのだろうか?すべての国を網羅することは難しい。そこで、以下の国について、中心的にしらべていきたと考えている。また、現状把握している限りの各国の概況を記し、首脳らのイノベーションへの言及を引用した。

1.アメリカ

 アメリカにおいては、オバマ政権下でイノベーション政策が多方面で進められた。

未来を勝ち取る第一歩は、アメリカの革新を奨励することです*2

 トランプ現大統領がどのような姿勢でイノベーションに臨むのかは、今のところ把握できていない。

2.日本

 人口が減少傾向にある日本は、生産性向上の観点等からイノベーションへ期待が掛けられている。

「世界経済の成長を生み出すのは政府ではありません。経済界の皆さんであります。皆さんが互いに競争し切磋琢磨する中から、イノベーションを起こし、新しい付加価値を次々と生み出す。これ以外に持続的な成長を実現する道はありません。」*3

3.ドイツ

 おなじみドイツ。近年は"Industrie4.0"で世間をにぎわせていたりする。この国のイノベーション政策は、EUのそれと密接に関係しているようだ。

メルケル首相は、ドイツ全土でイノベーションを推し進めるため、シリコンバレーから学ぶという青写真を示した。」*4

4.中国

 隣国中国もまた、イノベーション(中国語で「創新」)への政策を打ち出している。近年の著しい成長から、徐々に経済が停滞していく中で、イノベーションに望みを託しているのではないだろうか。

「創新(イノベーション)を国の発展の中核に位置づける」

「創新による発展けん引を行う」*5

 他にもフィンランドエストニアなど、魅力的な国は様々あるが、資料の量や言語の障壁などの観点から、あまり深入りはしないこととする。十分深入りしてる気がするし中国語に至っては読める気がしないが

 上記の国の調べものに飽きたら余裕があれば調べていきたい。

 

3.まとめと課題

 さて、おおよその概況はまとまったが如何せん不十分だ。今後完成度を上げていきたい。各国の政策は隅に置くとして、現状考えている問題点・疑問点は以下の通りだ。

 質問等や間違っている点があれば コメント下さればお応えします。

・・・どうでもいいが「ヨーゼフ」を予測変換しようとすると「ヨーゼフ・シュンペーター」より先に「ヨーゼフ・シュトラウス(音楽家)」が出てくるんだが・・・なんでだ・・・いや、ヨーゼフ・シュトラウスの作品嫌いじゃないが・・・

*1:"Innovation is production or adoption, assimilation, and exploitation of a value-added novelty in economic and social spheres; renewal and enlargement of products, services, and markets; development of new methods of production; and establishment of new management systems. It is both a process and an outcome.",Crossan and Apaydin (2010),

http://www.torkar.se/resources/jss-edisonNT13.pdf の中で記述されている定義。ただし、本定義は、様々な「イノベーション」の定義が列挙されているうちの一つであるようにも見えるため、精査が必要かもしれない

*2:原文:"The first step in winning the future is encouraging American innovation.  None of us can predict with certainty what the next big industry will be or where the new jobs will come from.  "、Google翻訳を使用、Remarks by the President in State of Union Address

*3:平成28年4月21日のB7東京サミット開会式での演説、内閣府「首相の一日」、B7東京サミット開会式

*4:原文:Chancellor Merkel outlined her goal of learning from Silicon Valley in helping grow the dynamics of innovation throughout Germany. 、SAP、SAP Schools Angela Merkel on Innovation, Silicon Valley-Style

*5:李首相の2016/3/5全人代での演説、日本経済新聞電子版(2016/3/5)、

中国、技術革新に重点 5カ年計画、改革と成長の両立課題 :日本経済新聞

理想の専業主婦生活に必要な夫の年収は?-①住宅の費用は?必要最低年収は?

社会 若者 経済

 ネットでこんな記事が話題になっている。

wotopi.jp

 まあ内容をざっくりと要約すると

・年収1000万でも「理想の専業主婦生活」は無理

・だから「仕事がしんどいから専業主婦になろう」などという安易な考えはやめておけ

という内容だ。まあ他にも

 10年以上バリバリ仕事をしてきた女性が、はたしてその生活に耐えられるでしょうか? まあ、SNSで友人とつながることはできるでしょう。でも子どもと料理の写真ばかりアップしていたら、働く友人からもらえる「いいね!」は義理だと思ってください。

 とか色々と辛口なアドバイス(?)が多く、笑いながら読める(お金の管理を徹底しているうp主が読んだ結果)から一読してみてほしい。本題はそこじゃない。

 

この記事を読んだら夫の年収がどの程度あれば「理想の専業主婦生活」は実現できるか?が気になって仕方なかった。なので大まかな試算になるが、何度か連載して計算していきたい。

 

 

1.まずは住宅費用から算出してみる

 なぜ住宅費用から計算を始めるのか?それは、住宅の購入に際しては年収の1/3以上の住宅ローンは得られないからだ。持家より借家じゃね?とか思うかもしれないがこれはあくまでシミュレーションだ。理想的(笑)な方が良いだろう。ただ、持ち家には収入がある現役のうちに、住宅にかかる費用を払いきることができるというメリットがある点はバカにできない。まあ維持費もかかるし理想的(笑)な生活を送れるほどの収入がある人にとってはそんなこと関係ないかもしれないが。

 

 さて、ではまず記事内で触れられている「住宅は港区か、世田谷区に」かつ「持家(戸建てか、分譲マンションかに限らず)」とした場合、住宅ローンの月額返済額は、目安として年収の25%~35%に納めなければならないためだ。つまり、住宅資金がわかれば、最低限必要な年収が割り出せる。

 

 それでは、各地域ごとの住宅価格を見ていこう。ただし、統一基準としては

・最低限3LDK

・駐車場有

・新築

とした。ん?だんだん自分の主観も入ってきた気がするな。けど理想的な家だもんね。理想なんて人それぞれだからね。仕方ないね。

また、ローンについては、全額借入とする。

不動産の価格検索にはSUMOを使った。

 

1.港区の場合

suumo.jp

 さて、2017/2/5現在で条件を満たし、検索結果の中で平均的だった住宅がこれ。

suumo.jp

(注:時間がたつとリンクが切れるたり、あるいは他に条件を満たす物件が表れる可能性があります。)

お値段なんと、1億1980万円!!!

信じられねえよ・・・これで平均的なんだぜ・・・(震え

っていうかどれも1億円越えってなんだ・・・

・・・わけがわからないよ。どうしてこんな家を買おうとするんだい?っていうか家なのかこれ・・・資産運用に回した方がよくね?あ、銀行と不動産屋の資産運用に協力して日本の経済を活性化しようとしてくれているんですね、ありがとうございます。

まあ・・・次だ、次行こう。 

 

2.世田谷区の場合

  さて、世田谷区はどうかというと・・・先ほどは10件程度しかなく、価格帯もまとまっていたがこちらはなんとこの原稿を書いている時点で400件も該当する住宅がある。やべぇな世田谷。

suumo.jp

 とりあえず価格帯で分類して最頻出値を代表とする。ただし、価格が「未定」の住宅は除外した。

f:id:Teploobmen:20170205233524p:plain

 これを見るとおおよそ6000~8000万円台が一般的な価格であることがわかる。最頻出は7000~8000万円台だ。

とりあえず最頻出の価格帯の物件から控えめに見積もってこちらの物件の間取り図Aを選んだ。価格は7480万円だ

suumo.jp

 

2.ローン返済金額を割り出す。

 さて、ようやくローンの返済金額を割り出すことができそうだ。せっかくマイナス金利金利が低いのだからローンにはフラット35の35年ローンを使う。融資期間は伸ばせるがせっかく持家なのだから現役のうちに返しておきたいし(笑)国策は買いっていうしね(意味が違う)

 金利は、現時点(2017/2/6)で、以下のサイトに掲載されている、「融資率9割超」かつ「取扱金融機関の提供する金利で最も多い金利」とした。

 ローンの毎月返済額はWindows搭載の「マネー」というアプリを用い、面倒な手数料その他の経費は0円とした。ここも理想的である(笑)

 なお、別にアプリを使わなくとも借入金額(この場合は住宅価格)に資本回収係数をかければ毎月の返済金額を求めることができる。

 資本回収係数はこちら

 

1.港区の場合

 港区での算出結果は次のようになった。

f:id:Teploobmen:20170205235910p:plain

・・・ノーコメント。次行こう。

 

2.世田谷区の場合

 世田谷区の場合は以下の通りとなった。

f:id:Teploobmen:20170206000120p:plain

・・・うん・・・まあ・・・さっきよりは・・・ね・・・?

 

3.最低年収の算出

 さて、では最低年収を割り出していこう。フラット35は、総返済負担率を35%以下にしなければならない。では、最低年収は100/35をかければ割り出せる。それぞれの場合について計算していこう。

1.港区

 港区の月額返済金額は3,669,422円だった。もうこれわかんねぇな・・・

 これに100/35をかけてみよう。

 3,669,422×100÷35=10,484,063(円)

 ・・・・お、1000万円だ。・・・・これ・・・月収なんだよな・・・年収に直すと・・・とりあえず次へいこう。

 

2.世田谷区

 世田谷区の月額返済金額は230,494円だった。同様の計算を行ってみよう。

 230,49×100÷35=658,664(円)

 月収66万円か・・・年収に直すと792万円。だいたいこの記事とも一致する。

papayaru.com

まあわりといそうな感じ。じゃあ「年収1000万円で専業主婦生活」は世田谷区ならワンチャンありそうだ。

 この記事を見ている女性諸氏(いるのか?)、よかったですね。

 

 

 

4.年収792万円の男性はどのくらいいるか

 さて、当該年収を満たす人はどのくらいいるのだろう。ガベジーニュースによれば、直近の調査が行われた2012年で、年収700~800万円台の20~30代は、10%ほどだ。

www.garbagenews.net

また、リンク先のグラフは雇われている人のみなので自営業、経営者層などは含まれない。お、まだ望みがあるぞ・・・

 

5.まとめ

 本記事では、ローンの月額返済額は、所得の25%~35%である点に注目し、「理想の専業主婦生活」を港区又は世田谷区で送るための最低年収を計算した。ただし、これはあくまで最低額である点に注意していただきたい。今後は、港区はなかったことにして世田谷区に居住した際をモデルに、「理想の専業主婦生活」を送るために実際に必要な夫の年収額を割り出していこうと思う。

 

・・・続けたい。、

ピコ太郎氏は「PPAP」を使えないのか?-PPAPの商標問題のまとめと考察

社会 知的財産

 PPAPを、ベストライセンス株式会社という会社が先に出願していたことが問題となっている。この問題について、まず商標の概要と、その罰則について触れ、次にピコ太郎氏が直面する「PPAP」の商標問題について整理した。最後に、商標法と照らし合わせ、ピコ太郎氏は「PPAP」を使えなくなってしまうのか、という点について考察を行った。

 

要約:

・商標法はブランドを保持することが目的

・商標は同じ出願があった場合、早く出願できた方がその商標を取れる。

・問題となっているベストライセンス社は、ピコ太郎氏(厳密にはピコ太郎氏が契約するエイベックス社)よりも先に出願を行っており、ベストライセンス社が「PPAP」について商標を取得できる可能性はある。

・しかし、商標法に照らし合わせてみると、ベストライセンス社が商標を取得できる可能性は低い。また、仮にベストライセンス社が「PPAP」の商標を取得したとしても、ピコ太郎氏側に回避策がある。

・ピコ太郎氏の活動には、さして影響がないが考えられる。

1.商標とは?

1.概要

 商標とは、いわば商品やサービスを他社のものと区別するためのシンボルのことだ。いわゆる「マーク」と呼ばれるものだけでなく、「動き」「音」「匂い」なども登録することができる。これを保護することで、商品やサービスの提供者と、利用者の利益を保護している。

 商標権は、登録に成功すれば登録から10年(5年とすることもできる)はその商標が保護される。また、出願から長くとも20年で権利が消失してしまう意匠権や、発表からまたは製作者の死亡から50年経過で権利が消失してしまう著作権(厳密には、「著作財産権」。外国の著作物の場合、より長く保護される場合がある)とは異なり、手数料を支払い続ける限り半永久的にその権利が保護される。これは、意匠や著作財産権が、一定期間をおいた後誰でも利用できるようにすることで、産業や創作の振興を図ることが目的なことに対し、商標権は「ブランド」という長く使い続けるほど価値が出る知的財産を保護している、という性質上の違いがあるためだ。

商標の有名な例としては、ウォルト・ディズニー社の「ミッキーマウス」が挙げられる。

f:id:Teploobmen:20170128013923p:plain

(商標第3087517号)

本願は、1992年に出願され、1995年に設定登録されている。意匠法で保護しようとすれば、すでに権利の行使はできないが、商標で登録することによって、未だにディズニー社は権利行使ができる。

これらの商標と全く同じシンボルや、類似するシンボルを、予め登録しておいた「役務」に該当または類似するシンボルを用いると、過失の有無にかかわらず商標侵害となる。「役務」というのは「出願人はどういう用途でこの商標を使うか?」というものだ。これは、国際条約によって統一されており、大きく分けて45の分野がある。

2.権利侵害をした場合どうなる?

  権利侵害を行った場合、権利者は裁判所を通して侵害を行ったものに以下のような請求ができる。

  1. 差止請求
     簡単に言うと、商標を侵害したり、侵害する恐れのある製品、サービスの提供を廃棄させたり、生産手段ごと製品を廃棄させることができる。よく使われるが、あえて差止請求せずライセンス料を取る、といった解決策が取られることもある。
  2. 損害賠償請求
     商標を侵害したことによって利益を得ていた場合、得た利益の分だけを権利者にお金を払うよう命じることができる。差止請求と同じくらいオーソドックスな請求。
  3. 不当利得返還請求
     こちらも、商標を侵害したことによって得た利益の分だけ、権利者にお金を払うよう命じることができる。損害賠償請求とほぼ同等の内容だが、損害賠償請求の時効が損害とその加害者を知ったときから3年なのに対し、こちらの時効は10年となっている。・・・なのだが損害賠償請求は不法行為の時から20年経過したときに消滅するともあるので・・・正直使われた例は聞いたことが無い。資格試験くらいでしか使わないかも
  4. 信用回復措置
     要するに、加害者に「私が悪うござんした!」とみんなの前で言うよう命令できる。具体的には新聞への謝罪広告の掲載などが用いられる。
  5. 刑事責任の追求
     また、上の4つに合わせて刑事責任も同時に請求できる。

     具体的には、以下のサイトを参考にしてほしい。

    商標権侵害への救済手続(METI/経済産業省)

2.PPAPの概要

 今更解説する必要もないだろうが、念のため。PPAPとは、ピコ太郎氏が8月25日に掲載した動画だ。ここではその是非については議論しないが、割りと人気があるらしい。なお私は流行語大賞に選ばれた4日後くらいに初めて知った。見てみると案外面白かった。

youtu.be

3.PPAPの出願状況

 さて、徐々に本題に切り込んでいこう。商標はIPDLで検索することができる。

https://www.j-platpat.inpit.go.jp/web/all/top/BTmTopSearchPage.action#

「PPAP」は以下の役務と時系列で出願されている。

 

・2016年10月5日 

出願人:ベストライセンス株式会社

役務:9,16,28,35,39,41,42,45

 

・2016年10月14日

出願人:エイベックス・グループ・ホールディングス株式会社

役務:3,9,14,16,18,20,21,24,25,28,30,32,43

 

・2016年11月15日 

出願人:ベストライセンス株式会社

役務:15,38

 

・2016年11月28日 

出願人:ベストライセンス株式会社

役務:1~45すべて

 

 このように、ピコ太郎氏と契約しているエイベックス社が商標出願する前に、「ベストライセンス株式会社」という会社が商標出願している。この会社は、商標出願をしまくる割に出願料を払わないことで知られている。(上田氏は、ベストライセンス社の社長)

www.asahi.com

www.lhpat-tm.com

 商標について少しでも勉強したことがある人間が見れば「いや・・・これ商標にならないだろ・・・」と思ってしまうような商標でもガンガン出願している。もっというと、「ピーピーエーピー」という商標も出願しているようだ。

  まあそんなことはどっちだって良いんだ。重要じゃない。

 商標というものは、同じ商標を、同じ役務で登録しようとした場合、原則として先に出願したほうが商標権を獲得できる。そのため、現在メディアで騒がれているわけだ。

 ベストライセンス社が商標権を獲得した場合、ピコ太郎氏は「PPAP」という商標を、役務「9,16,28,35,39,41,42,45」で使用する際には、ベストライセンス社にライセンス料を支払うなどしなければならないかもしれない、という状態にあるように見える。

 役務の詳しい説明は省くが、これらの役務の中には、CDや広告なども含まれるため、これが本当ならばピコ太郎氏は苦しいだろう。

 

4.PPAPの商標はどうなる?

 さて、本題だ。結局PPAPはどうなるのだろうか?こればかりは審査を行う審査官と、エイベックス社、ベストライセンス社の対応によって異なるが、幾つかのシナリオを考えてみた。ただし、問題を簡単にするため、11月以降にベストライセンス社が出願した「PPAP」や、類似する「ピーピーエーピー」については考えない。

1.ベストライセンス社の商標が却下される場合

 ベストライセンス社は、確かにエイベックス社よりも先に出願した。しかし、それだけで商標を権利化できるわけではない。商標を出願した後、所定の手数料を支払うと自動的に審査がはじまる。この審査でベストライセンス社側の商標が「商標とすることができない」と判断されることもあり得る。ここでは、どのような判断がなされればベストライセンス社の商標が却下されるかについて述べていく。

1.手数料が未払いの場合

 まず、そもそも手数料が支払われず、出願が却下される場合があげられる。ベストライセンス社は、商標の大量出願とともに、出願した商標の手数料を支払っていないことで知られている。仮に、ベストライセンス社が商標出願「PPAP」について手数料を支払わないまま一定期間がすぎれば、出願は取り下げられる。ただ、ここまで炎上した案件を、成功すれば莫大な利益が見込める案件を、ベストライセンス社が放置したままにしておくかどうかは非常に疑問だ。

2.商標法に定める拒絶理由に該当する場合

商標出願は、商標登録できない理由が存在した場合、その出願が登録できない具体的な理由が提示(拒絶理由通知という)され、一定期間の間にその理由が解消されない場合、商標出願は登録されない(拒絶通知という)。また、手数料未払いによる出願の却下、という可能性もある。まず拒絶の理由となりうる条件は、主に商標法第三条、第四条に記載されている。

商標法

いくつも存在するが、私は以下の2つに注目した。

1.商標法第三条第五項

 もう一つ、該当する可能性があるのはこの条項だ。ここにはこのように記載されている。

第三条 自己の業務に係る商品又は役務について使用をする商標については、次に掲げる商標を除き、商標登録を受けることができる。

 極めて簡単で、かつ、ありふれた標章のみからなる商標

 つまり、あまりにも簡単な商標は商標登録されないということだ。例えば、何も工夫せず、「あ」という文字を商標登録しようとしても、登録されない。「PPAP」もなんらデザイン化されているわけでもない。

 では、この場合エイベックス社の、つまりピコ太郎氏本人の「PPAP」も商標登録されないのだろうか?安心してほしい。第三条には続きがある。

 前項第三号から第五号までに該当する商標であつても、使用をされた結果需要者が何人かの業務に係る商品又は役務であることを認識することができるものについては、同項の規定にかかわらず、商標登録を受けることができる。

  つまり、簡単な文字の羅列など本来商標登録されないものであっても、使い続けた結果出願人の商品やサービスであることがわかるようになれば、商標登録される。つまり、少なくともエイベックス社側の「PPAP」は第三条の要件をクリアーし、商標登録される可能性がある。

 

2. 商標法第三条第六項

 先程の条文の続きとなる。内容は以下のとおりだ。

 前各号に掲げるもののほか、需要者が何人かの業務に係る商品又は役務であることを認識することができない商標

 つまり、商標を見て消費者が誰の、どのような商品、サービスなのか理解できなければ商標にならない、ということだ。消費者はベストライセンス社の「PPAP」という文字を見てベストライセンス社のCDや広告物、製品やサービスをイメージできるだろうか? 正直うたがわしい。

 

3.商標法第四条第十九項

 また、知識を持ち合わせていないため*1、該当するかどうかは分からないが、以下のような条文も存在する。

第四条  次に掲げる商標については、前条の規定にかかわらず、商標登録を受けることができない。

十九 他人の業務に係る商品又は役務を表示するものとして日本国内又は外国における需要者の間に広く認識されている商標と同一又は類似の商標であつて、不正の目的(不正の利益を得る目的、他人に損害を加える目的その他の不正の目的をいう。以下同じ。)をもつて使用をするもの(前各号に掲げるものを除く。)

 簡単にすると、「みんなに知られている商標で」「不正な利益を得るなどの目的で使用するもの」は商標にすることができない。これに該当する場合、ベストライセンス社が「不正の利益」を図っているかが争点となるだろう。「不正の利益」がよくわからなかったため、調べてみたが見つかったのは不正競争防止法判例のみだった。参考までに載せておく。

・・・「不正の利益を得る目的で」とは「公序良俗に反する態様で、
自己の利益を不当に図る目的がある場合」と解すべきであり・・・
(東京地判平成14年7月15日判時1796号145頁)

http://www.f.waseda.jp/uenot/hanrei/txt/h140715.txt

   今回の件がこの「不正の利益を得る目的」に該当するかという点については、知識がないためコメントできない。

 

 正直、ベストライセンス社の商標は、他の拒絶理由にも該当する可能性があるが、ややこしくなるため、ここでは上記の2つのみ取り上げた。より興味のある人や、ベストライセンス社を叩きたい人、商標審査について勉強したい人は、特許庁が用いている商標審査マニュアルを参照してほしい。

www.jpo.go.jp

 

2.ベストライセンス社の商標「PPAP」が商標登録された場合

 続いて、悲観的シナリオ、つまりベストライセンス社側の商標が登録されてしまった場合について考える。この場合、エイベックス社は、ベストライセンス社の指定した役務について「PPAP」と表示する際には商標の使用量を払う必要があるかもしれない。ただし、この場合でも、ピコ太郎氏側にはいくつかの抜け道がある。

抜け道1:「PPAP」の先使用権を主張する

 実は、商標は他の会社に登録されたとしても、出願の前からその商標と同一のものが周知であった場合、商標権者にライセンス料等を払うことなく、その商標を使い続けることができる。これを「先使用権」という。

(先使用による商標の使用をする権利)
第三十二条  他人の商標登録出願前から日本国内において不正競争の目的でなくその商標登録出願に係る指定商品若しくは指定役務又はこれらに類似する商品若しくは役務についてその商標又はこれに類似する商標の使用をしていた結果、その商標登録出願の際(中略)現にその商標が自己の業務に係る商品又は役務を表示するものとして需要者の間に広く認識されているときは、その者は、継続してその商品又は役務についてその商標の使用をする場合は、その商品又は役務についてその商標の使用をする権利を有する。当該業務を承継した者についても、同様とする。

 「PPAP」が動画投稿されたのは8月25日、また爆発的に知られたのは9月27日にJustin Bieber氏がTwitterで投稿した時点で、いずれもベストライセンス社の出願より前だ。

  このため、仮にベストライセンス社の商標が設定登録されたとしても、抗弁することはできると考えられる。

 

抜け道2:「PPAP」を使用しない

 次に「PPAP」という表示をしなければ良いという回避策だ。具体的には広告などに用いる際は、「PPAP」という文字を表示すれば権利侵害となる可能性があるが、「PPAPで任期になったピコ太郎氏」を写す分には権利侵害とならない。

 

5.まとめ

 以上のことから、実はメディアで騒がれているほど重大な事態ではないことがわかる。ピコ太郎氏は落ち着いて対応すべきだろう。

  

6.どう対応すべきか?

  ピコ太郎氏側からすれば、可能な限りベストライセンス社に気を払うことなく自由に「PPAP」を使えることが望ましい。ここでは、ピコ太郎氏側が取ることができる対応について、今からでもできる対応と、ベストライセンス社が商標権を取得してしまった場合について、まとめていく。

1.今からでもできる対応

  ピコ太郎氏は、何もせず審査官の判定を待つべきだろうか?否である。知的財産権の世界では、自信に不都合な知的財産権が、他社によって取得される事態は絶対に許してはならない。可能な限り手をつくすべきだ。では、何ができるだろうか?このような事態に用いられるのが「情報提供」だ・

 情報提供というのは、商標の審査官に「この商標に拒絶理由がありますよ」と教えることだ。商標の他、特許など他の知的財産権でも認められており、自社に不都合な知的財産権の取得の妨害に用いられる。

 エイベックス社は、「PPAP」はベストライセンス社が商標権を出願する前からピコ太郎氏が「PPAP」用いていたことを中心に、ベストライセンス社の商標は拒絶すべきという内容で情報提供を行うべきだろう。

www.jpo.go.jp

 なお、この情報提供だが、実は誰でも無料できる。つまり、エイベックス社でなくとも、「ベストライセンス社の商標には拒絶理由がある」と主張することができる。「みんなで情報提供してピコ太郎氏を応援しよう」などという活動もできる。だが、絶対に行わないように。

 特許庁に提出された書類は、全て指定様式に電子化する。つまり、人の手による「打ち直し」が「他の知的財産の電子化として並行して」行われ、「情報提供がなされた者への通知(たいてい郵送)」が行われる。そして、審査官はその情報提供された書面を確認する。では「ピコ太郎氏を応援するもの達が集団で情報提供を行った」とき何が起こるだろうか?規模が規模だけに特許庁の電子化がパンクする」「エイベックスの代理人(つまりプロ)が行った情報提供が埋もれてしまう」といった事態にも発展しかねない。

 何より、素人の書いた情報がなんの役に立つだろうか?情報提供を行うのは、エイベックス社が雇った専門家で十分だ。

 余分な税金をかけないため、特許庁の電子化本件と何ら関係のない企業を巻き込まないために、何より本案件の審査を円滑にかつピコ太郎氏側にとって有利になるよう運ぶため、余計な行動は慎むように。

 

2.ベストライセンス社が商標を取得してしまった後に行うべき対応

 さて、再び悲観シナリオだ。商標がベストライセンス社に取得されてしまった場合の対応について述べていく。仮に、情報提供をすり抜け、見事ベストライセンス社が商標権を取得した場合でも、その商標登録を取り消すよう請求することができる。具体的な対応としては、「商標登録無効審判」と「登録意義の申し立て」が挙げられる。

1.商標登録無効審判

  本来、商標登録されるべきでない商標が登録されてしまった場合、その利害関係者(この場合はエイベックス社やピコ太郎氏)はいつでもその商標登録を無効にするよう主張できる。これが「商標登録無効審判」だ。仮にベストライセンス社が権利を取得した場合は、真っ先に行うべきだろう。

 

2.登録意義の申し立て

 同様に商標登録を無効とするよう請求を行えるが、こちらも誰でも請求可能だ。ただ、専門的な知識が必要となる上、情報提供のときにのべた理由と同じ理由から、「ピコ太郎氏を応援しよう」などというような活動は慎むように。

 

商標登録異議申立書の書き方のガイドライン | 経済産業省 特許庁

7.自社のロゴが他の会社で商標登録されていたら?

 さて、今回は対岸の火事だが、もし自分が所属する会社でこのような事態となったらどうすべきだろうか?できれば自社内に知的財産に詳しい人材を育成したり、弁理士、弁護士に相談することが望ましいが、中小企業などではそのような資金が捻出できない場合もある。そのような場合は、自治体の振興公社に窓口がある場合があるため、ぜひ活用してほしい。

東京都知的財産総合センター

www.saitama-j.or.jp

www.iis-net.or.jp

今回の件は大人気のPPAPが取り上げられたことで大騒ぎとなったが、特許、意匠など、その他の知的財産を含め、産業界ではこのような事案が世界的な規模で毎日発生している。この一件を通して、知的財産への理解、関心が深まることを祈る。

あとベストライセンス社は自重すべきだろう。

 

 なお、本稿をまとめる上では、以下の書籍、文献を参考にした。無料で使えるのでぜひ活用してほしい。また、中小企業診断士試験の一科目である「経営法務」のテキストにも知的財産について詳しく記載されている。知的財産は、知的財産法についてのみならず、法律全般の知識を要求される。本気で勉強したい人はそちらも参照してほしい。

中小企業経営者のための商標マニュアル 東京都知的財産総合センター

 

 ※念のため付言しときますと、本稿は知的財産業務に多少関わっているものに過ぎない者の個人的な見解です。実際にこのような問題に対応する際は、弁理士、知的財産弁護士等の専門家に相談の上、慎重に対応を進めることをお勧めいたします。

 

※深夜テンションで書き上げたため、追って修正を加える可能性があります

※2017/1/28内容を修正しました

*1:訂正前の記事では知ったかぶって「正直これに該当する可能性が高い」などと書いてしまった。反省し、今後再発しないよう心がける

自己紹介とブログの説明

こんにちは。

ブログを始めてみました

おそらく日頃調べていることの忘備録、情報整理などを行っていきたいと考えています。

得意分野は

・知的財産

・お金の話

・読書

あたりです。

中小企業診断士の勉強をしてたりします。

適当に読み流していただければ幸いです