読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Teploobmen’s diary

興味のあること、調べたことなど、雑多にまとめていきます。調べている内容の途中経過を書くこともあります。

「投資」とは何か、改めて考える

投資 経営

  先日自転車を買った。スポーツバイクなのでおおよそ50,000円位の支出だった。

 題名と全く関係ないように思えるかもしれないが、大ありだ。

 どういうことか説明しよう。まず、私は春から勤め人だが、家からおよそ10km離れた職場へ通わなければならない。自転車の他の通勤手段としては

 が挙げられる。では、これらの選択肢の中から、なぜ自転車を通勤手段として選んだのか、説明していく。

 

1.電車の場合

 電車で通勤した場合、半年分の定期を購入するために50,000円必要だった。つまり、年間の出費は10万円となる。

 私の年収は手取りでおよそ200万なので年収の5%を定期代に使うことになる。

 

2.自転車の場合

 さて、自転車の購入価格は付属品込みで50,000円程度と書いたが、これは半年分の定期と同額だ。つまり、半年間自転車通勤を続ければ元が取れる計算になる。

 また、半年乗り続けた後は、電車通勤の際に半年ごとに支払う必要があった定期代は必要なくなる。つまり、私は5万円支払うことで、その後半年ごとに発生する5万円の支出を抑えたのだ。固定費が減ったことで、実質的に収入が増えたのだ。もちろん、部品交換費用などを算入する必要があるかもしれないが、定期代と比べれば格段に安い。

 通勤時間は電車通勤より10分遅くなるが、大した差ではないだろう。また、運動することによって、生活習慣病などによる将来の医療費を抑えることができるかもしれない(笑)

f:id:Teploobmen:20170308200725p:plain

3.まとめ

 今回は、定期代と同額の自転車の購入によって、その後の費用の発生を抑えることに成功した例を挙げた。「投資」や「資産運用」といった言葉を聞くと、ついつい「株」「債券」などを思い浮かべてしまうが、この例のように本来発生するはずだった支出を未然に抑える行為も立派な投資である。

 皆さんの支出項目の中にも、削減することのできる出費はないだろうか?節約は最もリターンが大きく、確実なリターンの見込める投資であるため、是非家計簿を見直すなどして節約をしてみてほしい。