読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Teploobmen’s diary

興味のあること、調べたことなど、雑多にまとめていきます。調べている内容の途中経過を書くこともあります。

運用報告を始めます

 現在、ほとんどFX以外触っていないが、日別の運用報告を始めたいと思う。

 もともとは自分のEvernoteに記していたが、やはり人の目に触れる環境下の方が、後々より良い結果を残していけるようになるのではないかと考えたためだ。

 そもそも運用資産額が数万円と少額だが、少しずつ増やしていけるようにしていきたい。

現在のポジション

  さて、現状運用しているポジションが次の通りだ。面倒なので詳細な金額は記していない。

FX:36,000円程度

eワラント:ダウ売り 1,000円程度

ロシアルーブル:日本円換算17,000円程度

金ドル建て:40,000円程度

 

eワラントは、アメリカ株の急落の可能性を示唆するヒンデンブルクオーメンが点灯したため、買ったものだ。

ロシアルーブルは10%の含み損を抱えているが、原油の回復のほかにいくつかの要因で今後の成長を見込んだものなので手放すつもりはない。

金ドル建ては、一昨年の7月に買ったものを放置している。こちらは5%程度の含み損を抱えているが、こちらもいくつかの要因で値上がりを見込んでいるため手放すつもりはない

 

 今後は、上記のポジションに変更があった時に、ここに記していきたい。ただ、もっとも動きが激しいのはFXなので、今後はFXのポジションについての議論が多くなるだろうが、ご容赦いただきたい。ちなみに、FXはスイングトレードを心掛けている。

 

本日の運用報告

 さて、今日のドル円は全体的に弱気だった。111円ミドルに抵抗線があったため、ここで一度反発するかと思い短期のドル買いを仕掛けたが、この抵抗線を乗り越え、111円前半をうろうろするというどうにもおかしな動きが見られた。

f:id:Teploobmen:20170322235440p:plain

 そこで、オンダ証券の未決済ポジ比率を見た。

f:id:Teploobmen:20170322235001p:plain

 すると、明らかにロングポジに含み損がたまっていることがわかる。このことから、Lポジを損切りし、110.9円に逆指値で売りを仕込んでおいたところ、ドル円は111円を突破し、110円台に突入した。

 その後、110.85まで値を戻したので、売りポジを追加した。つまり、ドル円に関しては現状非常に悲観的だ。なお、いずれの売りポジも、指値は大台手前の110.1、逆指値を111.2に設定している。

 

 とりあえず、今日は最初に持っていた1単位のLポジの損切りで-500(-5%)程度の損失を被った。しかし、昨日までに2単位のSポジから3,200円(13%)程度の利益を得ているため、特に気にならない。

 

今後

 さて、今後どうなるだろうか?少なくとも、テクニカル的には、トランプラリー時に週足で空いた118円近辺の窓を埋めに言っているように見える。

f:id:Teploobmen:20170323000241p:plain

 ただ、110円の壁は恐らく厚い。一度反発があるだろう。ただ、現状のトレンドラインからは、ドル円は買い持つべきではないといえるだろう。

 ファンダメンタル的にも買いの要素はない。

 したがって、今後は戻り売りが基本的なスタンスになると考えられる。

 

 今日はこの辺で