読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Teploobmen’s diary

興味のあること、調べたことなど、雑多にまとめていきます。調べている内容の途中経過を書くこともあります。

アメリカの予算交渉が終着、内容は?

 アメリカの議会閉鎖は、上下両院で民主党の譲歩を得てひとまず回避された。

 

 さて、民主党が譲歩するのだから中身が気になるところだ。そこで、ここではその中身についてまとめていく。内容が薄いがご容赦頂きたい。

 

 

1.国境の壁はどうなったか

 ロイター通信によると、今回、国境の壁の予算は盛り込まれていない。 これについては、民主党Chuck Shumer上院議員が事実上の勝利宣言を発表している。

(中略)納税者の税金が国境の壁のような意味のない政策に使われることを避け(中略)中産階級のためになる政策への投資を増加させることになる。

Deal on Government Funding Reached, Averting Shutdown - NBC News

 

2.軍事予算はどうなったか

 前出のロイター通信によると、軍事予算は、トランプ大統領が要求した300億ドルの増額から120億ドルの増額と大幅に減額されている。

 

3.その他の懸案事項はどうなったか

   また、CBS NewYorkによれば、全米家族計画連盟、環境規制当局などの予算カットなどは行われないようだ。

 さらに、USA Todayによると、ドッド・フランク法の撤廃も撤回されたそうだ。

 前出のロイター通信によると、石炭労働者の健康保険も保護されたそうだ。共和党は未だオバマケア改廃法の提出に手こずっているらしい。

 

4.まとめ

 つまり、お互いに勝利を主張できる部分を残すことで譲歩した、という形になっている。ただ、相当民主党に譲歩したようだ。もともとのトランプ大統領の公約とは大きくかけ離れた予算となっている。

 少なくとも、本記事を執筆している時点ではトランプ氏のTwitter等に反応は見られない。

 Boloomberg紙によれば、やはり優先事項が盛り込まれなかったことに不満を示した用で、年内に強制的な政府閉鎖に持ち込むことも辞さない姿勢を示したという。

 

 なお、法案の審議は今週の木曜日だそうだ。

 

4.1.民主党の反応

 先ほど紹介したチャック氏の他に、民主党のNancy Pelosi氏も声明を発表しているので紹介しておく

女性の権利を剥奪する条項や ドッド・フランク法の廃止などの「毒薬条項」を160以上排除した。

Negotiators reach agreement to fund government, avoid shutdown

あんまり民主党ばかり引用しても不公平かなと思ったが・・・そもそも本稿を執筆している時点で声明を出していないのか、Twitterからニュースまで全く検索に引っかからない。どうなってんだ。まあ、上下両院を抑えているのに民主党に譲歩せざるを得なかったのだから事実上の大敗北だし仕方ないか。

 

5.リスク

 ただ、大統領には拒否権があり、これを使うことで法案の可決ラインを過半数から3分の2まで押し上げることができる、という点は忘れるべきではないかもしれない。 

kotobank.jp

 そうなると、再び政府機関の閉鎖懸念がくるわけだが・・・そんな異例の事態が起こるとは思いたくない。

 

 ・・・さて、どうしよう。ビル・グロス以下債権王たちが金利の低下(≒円高)を警戒しているなど、いわゆる「空白期間」となるわけで、あまり積極的に買いに向かいたくないと考えている。

fronteranews.com

www.bloomberg.com

 今週はISM、FOMC以下重要イベントも多いので短期のFXもお預けとしよう。

 減税、規制緩和期待がはげたと考えるなら米銀を売ってみても面白いかもしれない。

 最近短いタームの記事しか書いていない気がするので久々にイノベーション政策や長期の経済見通しなどをまとめていっても良いかもしれない。